小児歯科のことは富山市のファボーレ矯正・小児歯科へ/子どもの歯を守るための予防歯科にも力を入れている小児歯科です。

ファボーレ矯正・小児歯科 TEL:076-466-1715
HOMELINKSITE MAP
診療科目案内診療コンセプト初診の流れ院長&スタッフ紹介院内紹介子どもクラブ患者様の声小冊子プレゼントアクセスマップ無料メール相談求人案内

矯正歯科・小児歯科のことは
富山県富山市の
ファボーレ矯正・小児歯科へ


ファボーレ矯正・小児歯科院長&スタッフブログ

無料メール相談

子どもクラブ カムカムクラブ

矯正歯科

インプラント矯正

小児歯科

ホワイトニング

予防歯科

PMTC


ファボーレ矯正小児歯科
富山市婦中町下轡田165-1
ファボーレ2F
TEL:076-466-1715
Mail:info(at)favore-dc.com
※迷惑メール対策の為@をatと表記しています。

 

小児歯科と予防歯科
 トップページ > 診療科目一覧  > 小児歯科と予防歯科

小児歯科

小児歯科写真ファボーレ矯正・小児歯科では、「お子さまの成長・発育を見守る」を目指して治療を行なっております。

一般的に小さなお子さんへの歯科治療は、痛い治療や強制的な治療が行なわれているというイメージが先行していると思いますが、当院では無理に押さえつけての治療などは行なわないように心がけ、患者様が子どもだからこそ、「痛くないように」・「怖がらないように」・「子どもだからより丁寧に」と配慮した治療に努めております。


また、発病した時に発病した部分を削って詰めて治療完了というスタンスではなく、子どものう蝕の原因を除去し発病を防ぐタイプの原因療法としての予防歯科に力をいれ、無痛的治療を実践しております。

予防歯科の重要性や予防歯科の必要性を本ページの下記にまとめております。

そして、当院が小児歯科に力を入れ実施しているクラブ「カムカムクラブ」についても
別ページにてご紹介しておりますので、併せて是非ご覧下さい。
カムカムクラブの詳細はこちらをクリック
※カムカムクラブとは「ワンランク上の歯の予防とお子様の成長を目指す!」クラブです。


予防歯科

21世紀、むし歯は「予防」という名の「治療」をする時代です

一昔前まで、むし歯は削って治すのが治療でした。でも今では、むし歯になる原因や仕組みがわかってきてむし歯にならないようにできます。上手に歯医者さんとお付き合いして、むし歯ゼロで一生を快適に過ごしましよう。

むし歯になるメカニズム
私たちの口の中では、歯を溶かす作用(脱灰)と歯を守る作周(再石灰化)が同時に行われていて、このバランスがとれていれば歯は健康です。

ところが何かの原因で歯を溶かす作用が強くなると、歯の表面からカルシウム分がどんどん溶けだしてむし歯が始まります。
新しい予防の考え方
かかり始めたむし歯が本格的なむし歯になるまでには、思いのほか時間がかかります。
その間に歯を守る作用を強くし再石灰化を促す適切な治療をすれぱ、むし歯の進行を止め元の状態に回復させることができます。

むし歯と個人差
同じ生活をしていてもむし歯になる人とならない人がいますが、これは口の中の条件が異なるからです。歯を溶かす作用を強める条件はいくつかあり、この条件への反応には個人差があります(カリエスリスクといいます)。
まずは口の中の条件を調べる検査(カリエスリスク検査)を受けて、あなたがどんな条件の持ち主かを知りましょう。

予防プログラムとその実践
これからの時代は、「予防」から「健康増進を目指す時代」へと向かっています。
歯科医院では、様々な検査結果をもとに、患者さんの生活全体を総合的に判断してその人に合った予防プログラムをたてます。私たち歯科の専門スタッフは、定期的な検診を通じて、これらの予防プログラムがうまく行われるよう患者の皆様をサポートします。

予防歯科を始めるにあたり、まずは、歯の現状を知るようにしましょう。

富山市のファボーレ矯正・小児歯科では、顕微鏡検査だ液検査をお薦めしております。
ご興味のある方は、お気軽にご来院時にスタッフにお申し出下さい。
アクセスマップはこちら お問い合わせはこちら

下記に、顕微鏡検査だ液検査、そして予防歯科に欠かせない
「フッ素でむし歯予防」ついても掲載しておりますので、是非 ご参考下さい。


予防歯科/顕微鏡検査

予防歯科/顕微鏡検査顕微鏡検査では、歯周病菌やカビ菌がほとんどの方に見られます。
私たちは患者様のお口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察します。

顕微鏡で見ることで、今現在の菌の状態を確認することができ歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかがわかってきます。

さらに映し出された動画像を拡大表示する機能を用いることで治療効果のよりわかりやすい説明を聞くことが可能です。
今日では「歯周病が薬で治ります」

歯周病治療といえば昔から歯磨き指導と歯石を除去したりする歯のまわりのお掃除がどの歯科医院でも行なっている基本的な治療です。

しかし、この基本的治療をしても、一生懸命歯磨きをしても、なかなか歯肉の炎症が取れず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。

ところが、簡単に薬で治す方法がみつかったのです。
原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。

この治療法は21世紀に入ってから行われている方法で最新式の治療方法「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。「歯周内科学」とは、歯科界の新しい分野で、これまでと全く異なったあたらしい考え方のことで、お薬で歯周病を治してしまう治療の総称です。

つまり、予防歯科として顕微鏡検査を受けることにより、事前に歯周病を防ぐ対策もでき、尚且つ歯周病になっていても歯周内科学によってお薬で歯周病を治せます。

次に、歯周内科治療についてご説明します。

 歯周内科治療の4つの大きなポイント 

1)
位相差顕微鏡での菌の確認
2)
最近の除去薬剤の内服
3)
カビの除去薬剤あるいは カビ取り歯みがき剤での歯みがき
4)
除菌後の歯石取り

特に1)は、非常に大きなポイントです。位相差顕微鏡でお口の中の菌を確認しなくてはなりません。歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか、位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。
カビの除去薬剤とカビ取り歯みがき剤

カビの除去薬剤および
カビ取り歯みがき剤
(※いろいろな種類があります)

顕微鏡と薬による症例
ケース:1/45歳男性
治療前の自覚症状
歯周病と言われた。 歯がグラグラして、噛むと痛い。 時々歯ぐきが腫れる。口臭もある。
カビ、歯周病菌
正常な菌の状態
初診の歯の状態です。
カビ、歯周病菌が多数見られます。
 
1週間後の非常にきれいになった菌の状態です。
本来いるべき正常な菌は残っています。
自覚症状の変化:1週間で口臭、ネバネバ感が消失。出血なし。

1週間後の感想
気になっていた口の匂いもなくなった。
歯ぐきが引き締まった感じがする。噛んだときの違和感もなくなった。


ケース:2/45歳男性

初診時・治療開始日

治療開始1週間後

治療開始3週間後

初診時・治療開始の状態

歯ぐきの痛み、出血、腫れが見られます。

治療開始1週間後の状態

腫れも引いてきており、出血もなくなりました。歯石が見えてきています(矢印)。

治療開始3週間後の状態

腫れもなくなり、歯ぐきの色もきれいなピンク色になりました。



薬による歯周治療終了後に注意すべきこと
1) 歯周病は細菌による感染症なので、再感染に気をつけましょう。特に性感染に気をつけましょう。
2) 歯周病を起こす細菌が感染しにくいように、お口の中を清潔に保つように心がけましょう。
つまり、歯石やカビ菌を定期的に除去して、そして毎日の適切な歯みがきをしましょう。
3) 歯周病をおこす細菌が再感染していないか、また、お口の中が再感染しやすい環境になっていないか、歯科医院での顕微鏡を用いた定期健診を受けるようにしましょう。

富山市のファボーレ矯正・小児歯科では、この位相差顕微鏡を使用し、患者様皆様にわかりやすく歯周病についてご説明し、治療をさせて頂いております。歯周病でお悩みの方は、是非、富山市のファボーレ矯正・小児歯科にお越し下さい。

アクセスマップはこちら お問い合わせはこちら


予防歯科/顕微鏡検査のQ&A

どうやって歯周病は進行するの?
1) カビが歯茎について根を下ろし炎症

カビが歯茎について根を下ろし炎症を起こします。 

●症状:口臭、ネバネバ感

2) カビが歯茎について根を下ろし炎症 炎症によって歯ぐきが腫れ、歯と歯ぐきの間の溝が汚れやすくなり、
カビがさらに奥で炎症を 起こします。 

●症状:歯ぐきの赤み、時々出血する
3) カビが歯茎について根を下ろし炎症 歯と歯ぐきの間にポケットができます。歯周ポケットといいます。
ここに歯周病菌がたま り、炎症がひどくなり、骨が溶けていきます。

●症状:歯ぐきの炎症、時々腫れる、赤みの悪化
4) カビが歯茎について根を下ろし炎症 歯周ポケットはさらに深くなり 、よりたくさんの菌がたまっていきます。

●症状:歯ぐきを押すと膿が出る
5) カビが歯茎について根を下ろし炎症
骨はさらに溶け、歯周ポケットはさらに深くなり、
さらに多くの菌が溜まっていきます。

●症状:口臭がさらに悪化、出血がひどい、歯が揺れる、噛むと痛い、
膿が出る、歯ぐきがよく腫れる
6) カビが歯茎について根を下ろし炎症 最後には歯の周りの骨がなくなってしまいグラグラになり、
抜かないといけなくなります

●症状:歯が痛くて噛めない、歯が揺れて噛めない、
歯茎がいつも腫れている


感染経路は?
生まれたときには人のお口の中には歯周病菌は存在しません。しかし、もともといない歯周病菌がなぜ今お口の中にいるのかというと、人からうつされているのです。いまも、家族の間でうつしあっている状態にあるかもしれません。

回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどが感染ルートとしてあげられます。菌がお口の中に入ってくると、お口の中で定着して歯周病を発症する可能性が出てくることになります。

特に危険なのは性感染です。せっかく歯周病を治してもパートナーからうつされたのでは意味がありません。パートナーの方と同時に治療されることをおすすめします。

歯周病の再発の予防は?
カビ菌は口腔内常在菌といって、お口の中に必ず住み着いている菌です。徹底的にやっつけても、空気中や食べ物や手の指などから再びお口に戻ってきます。全滅させることは不可能なのです。

ですから、毎日の歯みがきと歯科医院における定期的なプロフェッショナルクリーニングが大切です。カビ菌が増えすぎると歯ぐきが腫れるなど、悪い影響が出てきます。また、カビ菌は歯周病菌の快適な住みかにもなりますので歯周病菌が再感染しやすくなります。

定期的に歯科医院に通って、歯周病菌が再感染していないか、カビ菌が増えすぎていないか、顕微鏡で確認しカビ菌を増えすぎないように専門の器具を用いてクリーニングを行う必要があります。

歯周病とむし歯は関係あるの?
カビは歯周病にだけ関与しているわけではありません。カビはお口の中で酸を出すことがわかってきていますので、その周りに歯があれば歯を溶かし、むし歯を作ってしまうのです。

タバコは、歯周病になりやすいって本当ですか?
今回使う薬は白血球が運んでくれる薬なので、たばこを吸うと歯ぐきの血管が収縮し、白血球が減少し、薬の効きが悪くなります。また、タバコは歯周病になりやすく、歯周病が治りにくいことがわかっています。

全身疾患と歯周病って関係あるの?
菌が全身疾患に大きく関与しているのが医科でも問題になってきています。カビが肺に入れば肺炎になってしまいます。歯周病菌も、わずかでもお口の中で出血を起こすとそこから血管に菌が入ってしまい、心臓で炎症を起こすのです。歯周病の人が心臓病になる確率は2~3倍にあがります。ほかにも食道癌、糖尿病、早産、高血圧などにも関与しています。

アクセスマップはこちら お問い合わせはこちら


予防歯科/だ液検査

唾液検査=サリバテスト唾液検査=サリバテストによって、あなたの本当のむし歯の原因がわかります。
むし歯の原因は主に3つです。これらを上手にコントロールできればむし歯は予防できます。
唾液は、様々な働きによってむし歯や歯周病からお口の健康を守っています。
5分間ガムを噛んで出てくる唾液からいろいろなことがわかります。

原因が違えば、予防法も違います。
むし歯の原因の組み合わせは人それぞれです。毎日歯磨きをしていてもむし歯になる人とならない人がいるのはそのためです。

お子様の検査項目
成人の方の検査項目
1) ミュータンス菌の数
2) ラクトバチラス菌の数
3) 唾液の緩衝能
4) 飲食の回数
5) プラークの蓄積量
6) 唾液の質と量
7) フッ素の使用状況
8) むし歯の経験
1) ミュータンス菌の数
2) ラクトバチラス菌の数
3) 唾液の緩衝能
4) 飲食の回数
5) プラークの蓄積量
6) 唾液の質と量
7) 煙草本数
8) 危険因子の数
9) 歯周病進行度
10) 歯周病菌のチェック

だ液検査は簡単で短時間で済みます。もちろん痛くありません。


 だ液検査=サリバテストの手順 

STEP1
イスにリラックスして腰掛けた状態で、味のついていないガムを噛みながら、静かにだ液を出します(5分間)
STEP2
●検査1

だ液量がどれぐらい出るかを調べます。
だ液が多く出るほど・・・
1)口の中の食べ物を早く洗い流します。
2)歯の質を強くします。
3)抗菌作用が働きます。
STEP3
●検査2

だ液の中和力がどれくらいあるか調べます。
食後の歯がとけやすい環境から、どれくらい早く通常の状態に戻るのかがわかります。
(検査用紙が5分後に何色になっているか調べます。)
STEP4
●検査3

むし歯菌の数がどれくらいかを調べます。
だ液からむし歯菌を検出し、どんな菌が多いのか調べます。
(検査棒を舌にあてます。)

ミュータンス菌の数の判定/緩衝能の判定
※ミュータンス菌とラクトバチラス菌は、むし歯の原因となる主な細菌の名前です。


だ液検査後に、患者様が実行しやすい効果的なむし歯予防法をご提案します。

グラフもし、今、患者様がむし歯になりやすかったとしても、これから先むし歯にならない可能性を右のグラフのように大幅に高めることができます。できることからはじめましょう。


また、だ液検査によって患者様のお口の特徴がわかれば、生涯患者様ご自身の歯を保てるようにアドバイスさせて頂くことが可能です。むし歯が出来るたびに治療をするよりも経済的です。

だ液検査=サリバテストを受けるときの注意
適切な予防プログラムづくりには正確な検査が必要です。以下の注意事項を守って検査を受けて下さい。
検査を受ける前2時間は、飲食や喫煙、歯磨きは避けてください。
アルコールを含んだ洗口液でのうがいは、検査12時間前より控えて<ださい。
運動すると唾液の分泌量が減りますので検査前の運動は避けて<ださい。
他の疾患のためにお薬を飲んでいる方は、スタッフにお申し出下さい。

歯を予防するために、富山市のファボーレ矯正・小児歯科では
だ液検査=サリバテスト
をおすすめ致しております。
だ液検査=サリバテストをご希望の方は、お気軽にスタッフにお申し出下さい。

アクセスマップはこちら お問い合わせはこちら



予防歯科/フッ素でむし歯予防

フッ素のむし歯抑制効果を利用することが有効です。
進行したむし歯は自然に治らないものです。まずは、むし歯にならないための予防が大切です。
「フッ素」を使って歯の質を高める予防法が効果をあげています。


富山市のファボーレ矯正・小児歯科でもフッ素むし歯予防を導入しておりますので、お気軽にご相談下さい。

下記にフッ素の重要性をご紹介します。

フッ素には、以下のような方法があります。
・水道のフッ素化
・フッ素塗布
・フッ素歯磨き
・フッ素洗口

厚生労働省も「一生使う歯の健康づ<り」として強くおしすすめています。

次に、「フッ素塗布」「フッ素洗口」を取り上げてみます。

 フッ素塗布
フッ素塗布フッ素のむし歯抑制効果を利用したもので、歯に直接塗布することによってむし歯の予防をはかるという方法です。生えて間もないほど予防効果は大きいと考えられます。一口にフッ素塗布といっても具体的なやり方はいくつかあり、塗布方法も綿球法とトレー法に大別されます。

綿球法
綿球に塗布液を含ませ、歯に軽く押し当てて、塗っていきます。
トレー法
トレーの中に液をしみこませた濾紙などを入れ、これをくわえさせて歯面に塗るという方法です。
歯面への塗布は、フッ素を小綿球で塗るだけです。この時、歯をよく乾燥させる必要がありますので、しばらく口を開けたままの状態に保たなければなりません。フッ素塗布は歯科医師や歯科衛生士が行います。


 フッ素洗口
フッ素洗口とは、ブラッシング後フッ素を用いて毎目洗口(うがい)することでむし歯を予防します。ご家庭で簡単にできる予防法です。フッ素洗口を行なうことによって、エナメル質の酸(歯を溶かす)への抵抗カを強める働きがあり、歯の表面に塗ったり洗口することによりむし歯を予防する効果がおります。生えてすぐの歯に最も効果があります。
フッ素洗口の方法
・1日1回(できれぱ寝る前)食後のブラッシングをした後、
5~10mlの洗口剤を30秒間ブクブクうがいします。
(その時誤って飲まないように注意してください。)

・洗口後は、溶液を吐き出し30分~1時間程度飲食しないでください。

・水でうがいをしないでください。

洗口できる年齢になったら実施して頂くと最も有効です。
フッ素洗口の安全性
洗口できれば口の中にフッ素が多少残っていても問題はありません。
むし歯予防率
・フッ素洗口法 / 40~60%
・フッ素入歯みがき剤 / 10~30%
・フッ素塗布 / 10~30%
・ブラッシングのみ / 10~20%
現在調査結果では、フッ素洗口法のむし歯予防率が非常に高いといわれています。この方法は、歯質自体を鍛えます。毎日の口腔内のホームケアの仕上げとお考えください。
しかし、「フッ素洗口さえしておけばむし歯にならない」という完壁なむし歯予防方法ではありません。つまりこれだけに頼ってもいけないのです。

1.おやつ(甘い物)のとりすぎ、ダラダラ食いをしない。
2.食べたらきちんと歯みがきをする。
3.歯を丈夫にする食べ物をたくさんとること。
4.きちんと噛む(ゆっくり噛む)こと。

などのむし歯予防も同時に行うよう心がけてください。

フッ素でのむし歯予防のことは、富山市のファボーレ矯正・小児歯科にお任せ下さい。

アクセスマップはこちら お問い合わせはこちら

トップページ

矯正歯科・小児歯科のことは、富山市の歯科医院ファボーレ矯正・小児歯科へお任せ下さい。


| トップページ | 診療科目案内 | 診療コンセプト | 院長&スタッフ紹介 | 子どもクラブ | アクセスマップ | 無料メール相談 |
Copyright(c)ファボーレ矯正・小児歯科  All Rights Reserved.